略筆体で人間の手足を細く描いた個性的な鳥羽絵 で知られており、滑稽の才に富み、極めて軽妙な筆使いによって、粗画でその意を表すのに妙を得た。天明期には耳鳥斎の扇面が非常に流行したといい、肉筆画も多数あり、また、義太夫に巧みであった。
耳鳥斎 - Wikipedia

この記事へのコメント