ティラノサウルスが生きた獲物を狩った直接的な証拠が発見される。/米研究

1: 一般人φ ★ 2013/07/17(水) 23:23:16.42 ID:???
【7月16日 AFP】大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus rex、T・レックス)の折れた歯の一部が草食動物の椎骨の化石から見つかり、T・レックスが生きた獲物を捕食していたことを裏付ける初めての明白な証拠だとする論文が15日、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)
に発表された。

 科学者らはこれまで、化石記録がT・レックスが残忍な捕食動物であることを示しているのか、あるいは死んだ動物をあさる腐肉食動物であることを示しているのか、議論を続けてきた。

 T・レックスの化石の腹部から見つかった他の恐竜の骨や、他の恐竜の尻尾の化石に残されたT・レックスの歯形などは、白亜紀後期(約6600万年~1億年前)に生存したこの大型恐竜が捕食動物であった可能性を強固に示している。

 しかし、古生物学者らはT・レックスが腐肉食動物であった可能性も排除しておらず、今回の研究結果もその仮説を否定することはできないと話す。

 今回発表された論文によると、T・レックスの折れた歯が初めて、他の恐竜の化石から見つかった。
折れた歯が見つかったのは、草食動物ハドロサウルスの椎骨。論文の主著者、米フロリダ(Florida)州
パームビーチ自然史博物館(Palm Beach Museum of Natural History)のロバート・デパルマ(Robert dePalma)氏は、 「今回の発見から、T・レックスが生きたハドロサウルスと交戦したことを断言できる」と話す。

 T・レックスの歯の化石は2007年、米モンタナ(Montana)州、ノースダコタ(North Dakota)州、 サウスダコタ(South Dakota)州にまたがる米屈指の化石発掘場、ヘル・クリーク累層(Hell Creek Formation) で発見された。約3.75センチメートルという巨大なT・レックスの歯の先端部分が、ハドロサウルスの癒合した2本の椎骨から突き出ていたという。保存状態は良好だった。

 ただ、研究チームによると、今回の分析ではT・レックスが生きた獲物しか捕食しなかったとは結論づけられず、今日のほとんどの大型肉食動物と同様、死骸もあさっていたとみられるという。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

▽画像 ハドロサウルスの椎骨から突き出たティラノサウルス・レックスの歯の化石を見る
ロバート・デパルマ(RobertdePalma)氏(左)ら(撮影日・撮影場所不明)。(c)AFP/DAVIDA.BURNHAM/PNAS
no title

▽記事引用元 AFPBB News( 2013年07月16日 12:41)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2956076/11043244

▽PNAS
「Physical evidence of predatory behavior in Tyrannosaurus rex」
http://www.pnas.org/content/early/2013/07/10/1216534110.abstract

引用元: http://2chspa.com/thread/scienceplus/1374070996

4: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:29:20.82 ID:oGcU5XKw
 
生きてるのも狩るし、死んだ肉も食うんだよw

6: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:33:41.51 ID:rYimpbU1
>>4
目の前に死んだ獲物があって無視する捕食性脊椎動物なんて、まず、いないからな。

7: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:41:44.83 ID:3mlHnwl6
どゆこと?

歯が刺さったままその傷が治っていた証拠が見つかったてこと?

8: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:44:25.18 ID:F0a0SToU
>>7
無抵抗な(死んだ)相手をかじるだけだったらわざわざ歯が折れるような
かじり方はしないってことでは?

10: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:53:10.27 ID:30KifW/k
やっぱりジュラシックパーク要りますな・・・・ww

12: 名無しのひみつ 2013/07/17(水) 23:58:46.43 ID:A02QQkwE
そう言えば、理研は、マウスの血からクローン再生しちまったんだよな

13: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 00:00:49.39 ID:GPsafl7g
単に死肉を仲間と取り合って、引っ張られた時に折れたとか

27: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 06:34:35.19 ID:HgpuR6A1
>>13
今回発見された歯は「癒合」した背骨に刺さってるのだから、この恐竜はティラノにかじられた後
逃げて骨の傷が修復されるくらいしばらく生きてたという証拠

14: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 00:11:03.65 ID:9Unc3wL+
むしろ、なんでこんなにも”死体だけ”食べていたことにしたい人がたくさんいるのかが不思議でならない。

25: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 04:55:38.94 ID:MB3COfMC
>>14
ギャップ萌えだと思う

199: 名無しのひみつ 2013/07/24(水) 00:25:43.33 ID:H4YZkfvy
>>14
「足遅いどんくさい奴だった」説がかなり広まったから。
いちおう骨格を基にしたシミュレーションが根拠なんで。
そんなデータ、どうにでもなるんだけどな。
実際、同じようにシミュレーションして足速かった説もあるし。

200: 名無しのひみつ 2013/07/24(水) 00:37:20.68 ID:buJWnHoO
>>199
そういうのって草食恐竜も同じ条件でシミュレートして相対的にハンティングできたか検証したのかな

36: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 09:23:35.30 ID:4ha1OpEY
でも、もしTレックスが死肉だけを漁っていたとしたら、あんなに大きな頭蓋骨は
必要なかったはずなんだよね。
あの大きな頭と強力な噛み砕く力を備えた顎は、どう考えても獲物をしとめるために
発達したとしか考えられない。頭が大き過ぎるために少し前にかがんだだけで
つんのめってしまうようなバランスの悪さを敢えて選択したのは、二本足で突進して
行って相手の首筋にがぶりつくためとしか考えられない。
死んで地面に横たわっている獲物を食べるにはあの大き過ぎる頭はかえって不便だよ。

40: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 10:02:12.77 ID:sfKnbkNK
>>36
腐肉食の動物は頭でかくなる傾向があるよ?
まぁ噛む力を増大するために筋肉付着面積が大きくなった結果なんだから捕食するにも有利だけどね
腐肉食専門の場合でも豊富に肉が残ってるケースは少ないから、骨を噛み砕いて髄質を啜ったり、取り合いで引きちぎって持ち逃げするのに有利みたいだね

頭部の大きさや噛む力よりやはり歯の形状から捕食性の生き物だったと思うけどなあ

37: 名無しのひみつ 2013/07/18(木) 09:31:26.21 ID:ZP/seitK
ていうかこれ、
ハドロサウルスの治癒と免疫力を評価するべきニュースなんじゃないの?
恐竜がワニ並みの免疫力を持っていた可能性を示してると思う

85: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 07:14:02.43 ID:ZM2resq1
根拠の一つだった「ティラノサウルスは体の大きさの割に手が短い」ってのも、
どうも体の小さかった先祖の段階からだったようだしね
no title

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=93468124&expand
>セレノ氏によると、体重70キロほどのラプトレックスに襲われた獲物は、
>引き倒されて強力なアゴで命を奪われ、2本指の前腕でわしづかみにされたという。
>体重6トンのT・レックスが実践していたと考えられている狩猟とまったく同じ方法だ。

>「生物の進化という観点からすると、これは驚異的なことだ」とセレノ氏は言う。
>体重は100倍近くにも拡大したが、それ以外は実質的にほとんど変わらない。

>これは従来の学説に反する重大な発見である。これまでは、
>T・レックスの太くて短い前腕は比較的後期の産物だと考えられてきた。
>つまり、「ティラノサウルス類は大型化していったが、前腕は同じペースで
>拡大しなかった。そのため、特大サイズの体と比較すると
>その貧弱さが際だった」と推論されていたのである。しかし、
>小型の段階で短かったとなるとこの説は妥当性を失う。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_topics.php?ymd=20120302

91: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 11:27:14.04 ID:dpSNLzv4
>>87
あれほどの巨体で、はたして狩りが可能だったか?
っていう疑問が大きいんじゃなかったっけ

89: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 11:02:16.04 ID:8dFxhq36
あの武器も防具も持たないハドロサウルスにも頂点捕食者に抵抗し生き延びるくらいの戦闘力はあったってことか
胸熱

91: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 11:27:14.04 ID:dpSNLzv4
>>89
シマウマだって、ウサギだって生きてるし

93: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 13:20:00.52 ID:tDNj6dCm
アフリカスイギュウなんて
ライオンに襲われたらあの角先をライオンの頬か顎下にでも引っ掛けて強く首を振れば
それだけでライオンの顔面をズタズタに出来るのにそれをやらない

やっぱ草食獣って戦うのが下手なんだよなあ
でっかい牛サイズの動物が、この体勢ならそのまま突っ込んで肉食獣の腱を踏み潰して
追撃不能にさせろ!って所で、それをやり切らない
急所を知らないって感じなんだよな

95: 名無しのひみつ 2013/07/19(金) 14:30:39.59 ID:8dFxhq36
>>93
no title

http://www.youtube.com/watch?v=TSAnNUiClN0#at=109

こんな感じ?
ハドロサウルスはシマウマポジションだったのかもね

158: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 04:14:50.12 ID:2V1O6l09
恐鳥類は祖先みたいな長い尾をもたないのに、よく恐竜のように歩行できたね?

160: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 09:11:02.05 ID:mhjHitTO
>>158
先祖が飛ぶ為の軽量化で歯を捨てたおかげかな?

162: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 09:40:18.15 ID:V8ssemXw
>>158
鳥は、大腿骨がほぼ水平になってる。
これで膝関節を重心に寄せ、バランス取ってる。

166: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 10:48:12.75 ID:gWmDz9lb
>>162
カンガルーがそうだね。前肢を地面につけずに静止した状態のときに直角坐りの状態になる。
http://www.turbosquid.com/3d-models/kangaroo-skeleton-3d-c4d/726975
でもこの場合、姿勢はかなり体を水平に起こしている。ペンギンもこういう感じ。
カンガルーが前かがみになるとこうなる。
http://mad-man-with-a-scarf.tumblr.com/post/28070594100/forbiddenalleys-kangaroo-skeleton-les

恐鳥類も基本的には頭を垂直に起こす形に復元されていることが多い。
no title

no title

http://ssjgarfield.deviantart.com/art/KBIN-Terror-bird-134306268
このように体を起こさないと前に倒れやすいんじゃないかと思う。
前かがみに復元されると、こんな感じ。
http://www.flickr.com/photos/penfoldthehamster/4650483469/
no title

恐竜の大たい骨を垂直に復元すればまさに人間みたいだけど、
no title

多くの骨格の復元はこのような歩行スタイルで表現されていて微妙。
no title

no title

静止した状態のデイノニクス骨格。
no title

首を鳥のように上に垂直に起こしている。

170: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 17:25:21.54 ID:MR4K7ile
考えてみれば、四足歩行から二足歩行への進化って画期的だな。
海で生まれた生物が脊椎動物として魚類を経て両生類となり、
次の有羊膜類が完全に陸生動物として繁栄し、そこから
単弓類の系統から哺乳類が生まれ二足歩行のヒト科が出て前肢で道具を使う
ようになった。
片や竜弓類の系統から双弓類そして主竜類を経て恐竜類が現れ二足歩行
の獣脚類が出てきて前肢を翼に進化させた鳥類が最後に出現した。
しかし時系列で見れば哺乳類の二足歩行はかなり後(つい最近)。
それもヒト科のみ。
これにに対して恐竜類の二足歩行化はかなり初期で多様化してたんだなあ。

172: 名無しのひみつ 2013/07/21(日) 18:04:01.50 ID:X4ckaCPN
>>170
恐竜の二足歩行は体を水平にしてバランスを取るやり方が基本だから
手を器用に使ったり、それに伴い脳を発達させたりは人間のようにはできなかった。
もっともこれは人間を基準にして「お前ら恐竜はこれできねーだろ、バーカ」と
言っているに等しいわけだがw、でも現存の哺乳類で二足歩行のは人間ぐらいだし
恐竜で二足歩行があれほど盛行して哺乳類で少ないのはなぜか、という疑問はあるな。

恐竜の先祖が二足歩行だったとしても、恐竜時代は1億年以上も続いたのだし
ブラキオサウルスのように四足歩行でしかも前肢の方が長いタイプも出現した。
だから前肢が短いのは恐竜がどうしても変えられなかった遺伝的形質じゃないだろう。

201: 名無しのひみつ 2013/07/24(水) 07:19:32.68 ID:m5zo8xGZ
こいつらが最終的に鳥になっちまうんだから驚きだ。

『ティラノサウルスが生きた獲物を狩った直接的な証拠が発見される。/米研究』へのコメント

  1. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/28(日) 21:51:17 ID:7bdc18006

    ティラノサウルスは目が顔の正面に、つまり物を立体的に見えるように進化したんだから、狩りをしていたに決まってると思うんだがなぁ。

  2. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/28(日) 22:13:07 ID:7e9552bc4

    海洋生物をみても、飛行生物をみても、収斂進化のほうが影響が大きいんだよ
    環境こそが進化の鍵
    あとはおまけ

  3. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/28(日) 22:14:05 ID:68cce9953

    歯の生えた鶏みたいな姿だったかもねw

  4. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/28(日) 23:06:18 ID:e54295c3a

    おもスィろいスレだね。

  5. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/28(日) 23:30:10 ID:9ec12fe1d

    逆に椎骨まで到達する傷を受けて生きてたハドロサウルスに驚きだわ

  6. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/07/30(火) 00:37:56 ID:7679430f0

    現代に生息する大半の大型肉食獣は狩りもするし腐肉も漁る
    ティラノサウルスもそうだったと考えるのが自然で、どちらかしか認めないなんて考えは不自然じゃないかなあ