【朗報】リョコウバト、100年ぶりの復活へ

1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:42:22.55 ID:???0.net
リョコウバト、100年ぶりの復活へ
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140902003&expand
Carl Zimmer for National Geographic News September 2, 2014

 100年前の9月1日、かつて強大な勢力を誇っていた1つの種が絶滅した。シン
シナティ動物園で飼育されていたリョコウバトのマーサが29歳の生涯を終えた
日だ。

 1800年代半ばまで、耳をつんざくような声で鳴くリョコウバトの群れがアメ
リカの東半分に何十億羽も生息していた。ところが、人間にはかなわなかった
ようで、急激に進歩した技術によってものの数十年で絶滅まで追い込まれた。

 絶滅から100年が経過した現在も、リョコウバトは象徴的な存在であり続け、
技術的な偉業を目指す人々にひらめきを与えている。遺伝子工学やクローニン
グを組み合わせ、絶滅したリョコウバトをよみがえらせようと試みる研究チー
ムもあれば、DNAの断片を解析し、今や謎に包まれてしまったその生態を再現し
ようという研究も進められている。

◆技術によるとどめの一撃(略。全文はソースにて)

◆DNAがリョコウバトをよみがえらせる

 こうして技術によって絶滅を迎えたリョコウバトだが、一部の科学者はその
技術によってリョコウバトをよみがえらせることができると信じている。マー
サが死んだ当時、生物学者は遺伝子がDNAでコードされていることすら知らなか
った。今では、博物館に保存されているリョコウバトからDNAを抽出することさ
えできる。

 2012年、科学者のグループがリョコウバトのクローンを作成するプロジェク
トを立ち上げた。たとえクローン作成がかなわなくても、遺伝子操作によって
リョコウバトの形質を持つ鳥を作成したいと考えている。

 このプロジェクトに取り組むのは、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の
ベン・ノバク(Ben Novak)氏らのグループだ。ノバク氏らは博物館にあるリョ
コウバトの標本から完全なゲノムを抽出することにいまだ成功していない。そ
こで、次善策に期待を掛けている。現存する別の鳥のゲノムを入れ替え、リョ
コウバトを生み出すという方法だ。

 リョコウバトに最も近い現生種はアメリカ西部に分布するオビオバトだ。博
物館の標本から抽出したDNAの断片にリョコウバト固有の配列が含まれていれば、
くさび形の尾や赤い胸、極度に社会的な行動といったリョコウバトの特質を
再現できるかもしれないと、ノバク氏らは期待する。これらの特質を持つ現生
種を調べれば、遺伝的な基盤を特定できる可能性もある。

 まず、リョコウバトによく似たゲノムを作成し、この操作されたDNAをオビオ
バトの胚の生殖細胞に挿入する。オビオバトが成熟、繁殖、産卵すれば、卵か
らかえるのはリョコウバトのひなという筋書きだ。少なくとも、在りし日のリ
ョコウバトとそっくりな鳥が生まれるはずだ。

◆リョコウバトが残した教訓

 たとえリョコウバトをよみがえらせることができなくても、リョコウバトの
絶滅が大きな教訓となり、現在の絶滅危惧種の保護に役立てることができると、
ブロックスタイン氏は考えている。

 例えば、個体数が多いからといって絶滅の心配はないと考えるのは間違って
いる。「絶滅危惧種の分類は生態より個体数に基づいている」とブロックスタ
イン氏は説明する。個体数が数十億の種にも生物学的な弱点はあり、そこを突
かれれば人間の圧力に負けてしまうかもしれない。

引用元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409672542/

3: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:43:20.95 ID:xZ5btKGc0.net
リョウコバトの復活きたぁーーーー

4: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:44:30.15 ID:9A+6Nw8hO.net
美味しいらしいね

6: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:45:55.56 ID:GzYQ3H+E0.net
>>1
さらりと嘘を吐くな
アメリカ人が狩猟をして絶滅に追い込んだのに技術の進歩とかでごまかすな

10: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:50:10.22 ID:JJay/wV20.net
白人って根本的なとこで狂ってると思う

84: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 15:35:33.44 ID:7oRwqoYQ0.net
>>10
宗教倫理に左右されないぶん、日本のほうがMADかも。

11: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:51:00.05 ID:AatnnNFm0.net
遺伝子抽出の限界が100万年前いわれとるな。
それ以上になると骨が岩石に置換されてどうにもならん。
一時話題になった琥珀の中の虫の遺伝子もバラバラになっててどうにもならんかったらしい。

サーベルタイガーあたりは結構余裕で復活できんだろう。

16: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:57:31.09 ID:DWPz3/vr0.net
なんでそんなにいたのに絶滅したんだべ? と思って調べたら。

「とっても美味」 だったみたいね

54: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 02:23:38.96 ID:4huIfVu10.net
>>16
なんだ食べたいのか

それより人よりでかいペンギンを甦らせてくれ

17: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 00:58:04.35 ID:i+fgkNDF0.net
no title

19: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:00:13.40 ID:7KvPVq5xi.net
渡って行く群れの姿が途切れることなく丸一日以上も続いたという
それを数十年で絶滅に追いやったピルグリムファーザーズの末裔恐るべし

23: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:07:26.00 ID:wxF9ISgj0.net
リョコウバトといえば
伊坂幸太郎のデビュー作『オーデュボンの祈り』だろ
しゃべるカカシが出てくるんだぜ

しかしこの方法論って
ジュラシックパークさながらだな
生み出した遺伝子工学が生み出した奇形動物をどうするんだ?
この考え方の行き着く先ってキリストの復活とかヒトラーの復活とか
変なことを考え始めるやつが出そう

28: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:17:27.06 ID:7Kx5Nwdi0.net
リョコウバトといえばドラえもんだろ

38: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:40:27.24 ID:nCR3mNVQi.net
この論でいくなら、どんな種も絶滅に怯える必要ないな。
もちろん人間も。

41: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:44:19.57 ID:u8kLQwa60.net
技術のためとか言ってるが、どう考えてもアメリカ人の意思と銃の組み合わせで
絶滅したんだろうな?wアメリカ人の凶暴さには驚くw

50: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 01:56:46.30 ID:7KvPVq5xi.net
>>41
夜、営巣地に行って闇雲に棒切れ振り回すだけでイヤというほど獲れたらしい
「技術」って何のことだろう、と思う

76: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 12:02:41.08 ID:lDu3qURQ0.net
>>41
アメリカバイソンなんて原住民を飢え死にさせるためだけに絶滅寸前まで殺しまくるからな

55: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 02:33:06.66 ID:W3z5rmrU0.net
リョコウバトを初めて知ったのはドラえもんだが、稲見一良の「ダック・コール」も面白いよ。

57: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 03:07:50.37 ID:5ATaCk+t0.net
リョコウバトに関してはアメリカが全て悪いのに、あたかも人類全体の責任みたく語ってるところがファッキンアメリカン

67: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 06:16:23.00 ID:B++tWnev0.net
きれいな鳥だね

no title

68: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 07:06:15.38 ID:gGnb4n9m0.net
群れが上空を通過するのに丸3日かかったそうな。

71: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 07:41:22.21 ID:KwvSlAXd0.net
フクロオオカミも復活させてほしい
有袋類ではありながらオオカミにあたるニッチを占めている、いわば「袋を持つオオカミ」であり、収斂進化の代表例としてしばしば取り上げられる。

フクロオオカミ – Wikipedia

72: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 08:18:45.19 ID:Crq0GsMG0.net
人間にとっては農作物を荒らし、糞を大量に撒き散らす害鳥だからねぇ
ウィルスも撒き散らしてそうだし、復活させて
野に返す何て事はしないと思うけど、見てみたいなぁ

74: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 10:12:16.56 ID:DkWx/Sh50.net
鳥だって100%本能だけで生きてる訳じゃないだろ
親から子へ伝達される生活様式は誰が教えるんだよ

80: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 14:41:51.98 ID:ZM5Zvkir0.net
>>1
>例えば、個体数が多いからといって絶滅の心配はないと考えるのは間違っている。

そうなんだよなあ、最近スズメも減ったとはっきり感じるし

『【朗報】リョコウバト、100年ぶりの復活へ』へのコメント

  1. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/03(水) 19:30:16 ID:37bf16656

    優午も喜んでるよ

  2. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/03(水) 20:22:18 ID:ac66eb9a0

    ハルヒで知りましたわ

  3. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/03(水) 22:24:07 ID:6944d8ff4

    それにしても行く場所行く場所で殺しまくってるな。白人は。

  4. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/03(水) 22:25:11 ID:e0c6d2407

    鳥のフンがカリウム肥料になるなんて>>72は夢にも思わないんだろうな

  5. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/04(木) 02:26:55 ID:c04a29bba

    カリウムじゃなくてリンな

  6. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/04(木) 13:06:17 ID:be2324ff2

    窒素肥料だよ。
    リョコウバトは絶滅少し前までも数百羽ぐらいの群れはあちこちに残ってた
    ただ、ハトの生態自体が数百万羽ぐらいいないと生きていけないようなものに
    なっていたので、数百羽の群れではだんだん衰退して滅亡してしまった。
    人間だって、もし人類絶滅寸前で数百人しかいなかったら少なくとも
    科学技術だの文明だのは残らないしそのまま絶滅してもおかしくないだろ。

  7. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2014/09/04(木) 15:20:14 ID:94e325ff7

    おれはオーデュボンの祈りだな