全く知らない猫を看取った話をしたい

images (1)


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 00:47:45.52 ID:h+F0o2x60


あれから三ヶ月経ったんだが無性に悲しくなってた

暇な奴だけでも構わない、聞いてくれないか

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 00:55:56.05 ID:NyhVlv3Q0


俺は長年付き添った猫を看取れなかった

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 00:56:35.61 ID:vjQtKFRn0


寂しくなるからイヤ

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 00:59:36.46 ID:h+F0o2x60


まぁそう言わず聞いてくれよ、俺も悲しくて仕方ないんだ

あれはすっかり冬めいて来た去年の10月の事なんだ

俺はいつもの如く夜の散歩に繰り出していたんだ

で、いつも通りかかる民家の裏の細道で聞き慣れない猫の鳴き声が聞こえたんだよ

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:04:01.33 ID:h+F0o2x60


鳴き声の方を見やると、きな粉みたいな色の猫が明らかにこっちを睨んでるんだ

実は俺は猫があまり得意では無かった。

別にトラウマがあるって訳じゃないんだが

母が猫嫌いなお陰で猫に関わる事無く過ごしてきた影響だわな

それはさて置き、その猫はそれから1週間程毎日同じ場所で俺を睨んで来た

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:06:17.78 ID:ES/BXEg00


続けたまへ

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:08:19.81 ID:h+F0o2x60


そこである日、その猫とコミュニケーションを取ろうと接近を試みてみたんだ

「ひっかかれたりしたら嫌だなー」

とか思いつつも意を決し猫にゆっくりにじり寄る。

「飛び掛ってくるなよ…飛び掛ってくるなよ…」

と念仏のように唱えながら猫に迫る俺は傍から見たら只の変質者だったろうな

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:15:57.35 ID:h+F0o2x60


すまん、書き溜めとかしてないから、遅くなってるな…

業者じゃないよー
載ったら嬉しいなとは思ったが、不快ならば禁止にするよ

俺の動作が余りにも可怪しかったのか、気がつけば猫はもういなかった
まぁ初めはこんなもんだろ、とその日は大人しく帰ったのさ。
次の日からは専らどうすれば猫が心を開いてくれるかばかり考えていた
人見知りの根暗野郎の俺は物言わぬ我が愛犬に相談しては小首を傾げられた

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:22:29.32 ID:h+F0o2x60


気持ち悪がられるのは慣れっこさ…

エサで気を引く、とかは何かドライな感じがして嫌だった
そこで色々考えるのは止めて、取り敢えずこっちに気を許してくれるよう接してみる事にした
視線を低く、脅かさないようにゆっくりと。

と、そんな事ばかり続けて更に1週間経った

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:27:14.23 ID:Qu0PI++HO



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:35:24.71 ID:h+F0o2x60


迷惑だったか… 大変申し訳ない
おまいらなら励ましてくれるんじゃないかと思ってたんだが、
浅はかだったみたいだ

端折るからもう少しだけ聞いてくれないか

で、まぁなんやかんやあって毎晩同じ場所から200mほどついてくるようになった
この頃が一番楽しかった
しかし、11月も中旬に差し掛かった頃から姿を見せなくなったんだよ
保健所にでも捕まったかとか思ったね、首輪とかしてなかったし
でも12月に入った頃から何事も無かったかのようにまた出てきて、心配は杞憂に終わった

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:45:08.24 ID:h+F0o2x60


で、徐々に猫も心を開いてくれたのかどうか知らんが撫でても拒絶しなくなった
喜んでたかどうかは知らん、尻尾つっ立ってたしホントは嫌だったのかもな
そんなこんなで触れられるようになってからは碌に進展も無く年末・年始も普段と変わらず過ぎた

で、来る今年1月中旬、例によって猫の元へと足を運んでみたが猫はいない
その後3日くらいは完全に音沙汰なし。何処探しても見当たらなかった

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:54:32.01 ID:XyosOCl5P


ほう

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 01:59:12.81 ID:h+F0o2x60


あくる日、また訪れてみると、いつもの場所から500m程離れた路上に、いた。寝そべってやがる
路上っつっても田んぼと田んぼの間の軽トラ一台通れる位の舗装されてない道だがね
声を掛けると耳が動いた気がした。耳しか動かなかった気がした。
反応に違和感を覚えつつ近くでよく見ると
轢かれてた。夜道で遠巻きから見てたからわかりにくかったが下半身が完全に潰れてた
タイミングとか都合良すぎとか思ってるかもしれんが
田舎っつっても人が生活してる以上車も通るし、
猫が轢かれるのか、と言われても状況によりけりだろとしか言いようが無い
まず居た堪れなさが押し寄せてきた。哀しさなんか二の次だった
それでも、グロいの嫌いだが頑張って幹部を見ないようにしつつ撫でてやったんだ
そしたら少しづつ愛おしさと哀しさが湧いてきて、泣いたよ
あの時の安らぎとか微塵も感じられないただ苦痛に歪んだ表情が忘れられない

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 02:01:48.87 ID:B1siWeLw0


(´;ω;`)

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 02:12:21.95 ID:h+F0o2x60


このまま野ざらしは余りにも可哀想だったから土葬してやろうと思ったんだ
幸い本気で舗装されてないその道は地面が土だ。
完全に地面と癒着しちまってる部位も地面ごと抉ってやれば問題ない
大急ぎでスコップ持ってきた。先端が四角く角張ったヤツだ。ガチで使いづらかった
流石に田んぼに埋める訳にもいかず、掘り起こされる心配の無いであろう
ちょっと広めの場所に埋めてやったんだ。目印に少し土をこんもりと盛って
無宗教の俺でも今回ばかりは安らかに、と神に祈ったよ

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/04/27(金) 02:24:18.82 ID:h+F0o2x60


とてつもない虚無感に苛まれ、そのまま帰る気にもなれずそれから1時間は周囲を徘徊してた
スコップ片手に。oh…俺ってば完全に変質者…
徘徊も終え帰路に着いた頃には大分落ち着いてた
同時に自分に腹が立って仕方がなかった
今正に旅立とうとする猫にもっと気の利いた言葉で見とってやれなかったのかとか
虚しくなった。考えるの止めた。足早に帰った。

んでそれから3ヶ月経ち今に至る訳です
路上にへばりついた元カラスだったんだろう黒い何かを見たら唐突に思い出したんだ
少しは気が晴れたよ。聞いてくれた奴もそうでもない奴もありがとう。

『全く知らない猫を看取った話をしたい』へのコメント

  1. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/04/29(日) 19:23:59 ID:c57e7fa43

    泣けた。埋めてくれてありがとう。
    お別れになでてくれてきちんと埋葬してくれて、それで十分だったよ。

  2. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/04/29(日) 20:22:44 ID:cd29d9409

    >>1、いいやつだな…
    最近轢かれた猫を見たけどなんだか悲しい気持ちになったよ

  3. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/04/29(日) 22:52:43 ID:23abeca93

    ねこちゃん、良い人に逢えてよかったね

  4. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/04/30(月) 22:00:16 ID:6dc1e99fc

    尻尾がつっ立てるのは、猫が好きな人に甘えてる時の仕草なんだぜ

  5. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/05/01(火) 01:57:50 ID:96c646511

    大丈夫だ。
    伝わってるから。

  6. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/05/01(火) 12:21:30 ID:be9abbfcc

    猫も知り合いに看取ってもらえて、幸せだったと思う。

  7. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2012/08/29(水) 20:44:41 ID:c5577c3b0

    ありがとう。その子に変わってお礼を言います。
    私も昔猫を飼っていました。捨て猫で、子供らに弄ばれていたのを引き取って、懐に入れて家にもちかえりました。
    猫というのは不思議な生き物で、なんにも分かってないようで、本当はすべて見透かしているんじゃないかと思うことが何度もありました。
    その子も、あなたに対して心を開きかけていた矢先の、不慮の事故だったのでしょう。もしかすると、以前人に飼われていたのかもしれません。
    いずれにしろ、最期にあなたのような人に看取られてその子は幸せだったと思います。ありがとうございました。

  8. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2013/10/29(火) 19:49:21 ID:0ae103cc7

    亡くなったのは悲しいけど、最期 1みたいな奴に看取ってもらえて良かったとおもう。
    あまり悲しまずにこれからも、動物に優しくしていこうぜ。それが供養にもなるよ。

  9. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2015/03/12(木) 23:48:55 ID:161e5ad44

    保護は難しかったの?