1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)21:54:02 ID:0Tm
no title


【livedoorNews】
ハンガリーの国宝にもなっている「マンガリッツァ」という希少な豚。
「毛むくじゃらな姿が羊みたいでかわいい!」とSNSで大変な話題になっているようだ。
『mashable.com』が伝えている。

羊のようなクリクリした毛で覆われていることから「ウーリーピッグ(毛むくじゃらの豚)」とも呼ばれているマンガリッツァは、ハンガリーの在来種で主にドナウ川周辺に広がるハンガリー平原地帯で育つ。
身体を覆う毛は、夏の厳しい日差しと、マイナス30度にもなる冬の厳しい寒さから身を守る大切な役目を果たしているという。
その希少性から、ハンガリー国内でもなかなか食べることができなかったが、2004年にハンガリーの国宝に認定され国によって厳格に維持、保護されている。
最近では日本でも食肉として人気なようだが、SNSでは「羊?」「豚?」「いつかペットとして飼ってみたい」といったコメントが次々と寄せられている。

マンガリッツァのブリーダーであるヴィルヘルム・コールさんは「マンガリッツァは優しく接すると犬のように懐いてきます。
後追いをするのはもちろん一緒に遊ぶようになるんです」と語る。

中略

コールさん曰く「神戸牛のような豚」だそうである。

以下ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/11177197/

引用元: http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1455368042/