1: キドクラッチ(宮城県)@\(^o^)/ 2016/02/27(土) 13:58:56.49 ID:HPNT1nbf0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
福井で発見の化石は新種、鳥になれなかった恐竜

福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市で見つかった白亜紀前期(約1億2000万年前)の恐竜化石が、
新種だったと発表した。

二足歩行の獣脚類だが、鳥の特性も持つという。学名は「フクイベナートル・パラドクサス」と命名された。
国内で見つかった新種の恐竜は7種目。

化石は2007年、歯が残る顎や頸椎など計約160点が発掘された。全長2・5メートル、体重約25キロと
推定され、ティラノサウルスで知られる獣脚類と判明、英国の科学誌にも掲載された。

肩甲骨や大腿骨などは同種の中で初期の骨格だったが、内耳を復元したところ、蝸牛と呼ばれる聴覚器官の
大きさの比率が鳥類に匹敵していた。現在の鳥と同程度の聴力があったとされる。翼に近づく過程とみられる
長い前脚も鳥類の特徴に似ていた。

原始的な部分と進化した部分を持つことから、ラテン語で「逆説的な福井の狩人」を意味する学名が付けられた。
恐竜博物館の東洋一特別館長は「最終的に鳥になれなかった」と話す。

no title

新種「フクイベナートル・パラドクサス」の復元模型(制作・荒木一成氏)
no title

実物化石の一部

http://www.yomiuri.co.jp/science/20160227-OYT1T50073.html

引用元: http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456549136/