ロシアのヒョウ復活へ、3頭を自然に放つ 冬季五輪開催地ソチで飼育下繁殖したヒョウを野生へ、世界初

1: ごまカンパチ ★ 2016/08/11(木) 00:28:14.96 ID:CAP_USER9.net
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/080900049/?s_cid=bpn_TopTl
 1頭、また1頭とケージから出てきた3頭のヒョウが、しなやかな動きで丘を下る。
その姿は徐々にカメラから遠ざかり、カフカス自然保護区の森の中へと消えていった。7月にロシア国営テレビのカメラが捉えた光景だ。
これが、彼らが人間を目にする最後の機会になるはずだ――研究者らはそう願っている。

 アフン、キリー、ビクトリアの3頭は、飼育下で繁殖したペルシャヒョウとして、世界で初めて自然環境に放たれた。

 ロシア、カフカス地方にあるヒョウ再導入センターは、一帯にペルシャヒョウを復活させることを目的として、
2007年にソチ国立公園内に設立された。
かつてペルシャヒョウは、黒海北方の丘陵地帯から、カフカス北部、ジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンに至る
広大な地域に生息していた。
もし今回の計画が成功すれば、18世紀以降、生息地の84パーセントを失ってきたペルシャヒョウの個体数増加に大きく貢献するだろう。

 現在、野生のペルシャヒョウの87パーセントはイランに生息しているが、カフカス地方でも目撃例があることから、
おそらくは小規模な個体群がまばらに存在しているものと考えられる。

「この計画が目指しているのは、イランに核となるひとつ目の大規模個体群、そしてロシアのカフカス地方にふたつ目の個体群を確保して
小規模の群れを支え、種の存続を図ろうというものです」
とプロジェクト・パートナーであるWWFロシアの代表を務めるイゴール・チェスティン氏は言う。

 現在までに、ソチの飼育センターは14頭の繁殖に成功しており、来年以降、計50頭が野生に放たれる予定だ。
すべての個体には衛星追跡機能の付いた首輪が装着される。とはいえ、再導入計画はそう簡単には運ばない。

■ロシアのヒョウ

 カフカス地方のヒョウが減少し始めたのは、19世紀後半にロシアが一帯を征服し、そこを皇家の猟場として使うようになってからのことだ。

 彼らはヒョウを害獣であると宣言し、その毛皮にたっぷりと報奨金を出した。
銃や毒を使った殲滅作戦は、1950年代にソビエト政府によってペルシャヒョウが絶滅危惧種に指定されるまで続いた。

 そのころには、ヒョウの数は自力での回復が難しいところまで減少しており、専門家らはイランとトルクメニスタンで捕獲した
4頭を元にした繁殖計画を行うことにした。

 7月に野生に放たれた3頭は、2013年に再導入センターで初めて誕生した個体だ。
同センターでは広さ12ヘクタールの土地に、繁殖エリアの他、木、池、巣穴、人工の崖を備えた6つの区画が用意されている。
代表のウマル・セメノフ氏らはここで、ヒョウの狩りの技術を磨く訓練を行っている。

■滑り出し好調なれど、立ちはだかる障害

 すべてが順調に進んだわけではない。当初は、繁殖に苦労した。過去の再導入では、すべて野生で捕獲したヒョウが放たれていた。
ソチの計画は前例のない試みなのだ。現在までのところ、野生に放たれた3頭は健康で、狩りも行っているという。

 セメノフ氏は、ロシア政府が今後、国内のカフカス地方全域に保護区域を設置することを期待しており、きょうだい同士で
近親交配が起こらないよう、適切な距離をあけて配置していきたいとしている。

 とはいえ、まずはカフカス自然保護区でヒョウをうまく繁殖させることが先決だ。
広さ27万9000ヘクタール超に及ぶ同保護区は、ユネスコ世界遺産に登録されている西カフカスの大部分を占めている。

 ヒョウの追跡チームを指揮するアナトリー・クダクティン氏が懸念しているのは、2014年のソチ・オリンピックに先駆けて作られた
スキーリゾートが、周辺の保護区にまで拡張されることだ。

 昨年の法改正により、ミズムタ川上流に位置し、カフカス自然保護区に三方を囲まれたソチ保護区内で、観光施設の建設が可能になった。
政府は以前、オリンピック開発に対する補償として、2つの保護区を統合することを計画し、新たに加えられた範囲も
保護対象になるようユネスコに申請していた。

 ところが法改正を受け、ロシアは今年5月にこの計画を放棄してしまった。
環境NGO「グリーンピース」はこの変更について最高裁で争ったが、7月に出た判決は、ソチ保護区内での観光施設建設は合法というものであった。

続きはソースでどうぞ

【動画】

引用元: http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1470842894/

2: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 00:29:40.21 ID:TVSlcNQW0.net
ウヒョー

5: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 00:34:16.99 ID:j7fuyJUM0.net
日本もやるべきだな、ニホンオオカミ

7: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 00:44:09.89 ID:SZNSOUDA0.net
ひょお!

10: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 00:47:09.75 ID:+vtLrspz0.net
数年前にサイエンスに載った論文で、大型捕食者の重要性がこれでもかと指摘されてたな

【大型捕食動物の減少、地球の生態系を破壊 米研究】
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2813455/7502967
> 【7月16日 AFP】サメやライオン、オオカミといった大型の捕食動物の数は世界全体で減少傾向にあるが、
> その結果、地球の生態系全体に異常な変化が起きているとする論文が14日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

> 土地利用の変化や気候変動、公害や汚染、乱獲や密漁による動物や魚の減少などを通じて、生態系の頂点である
> 大型の捕食動物が消滅しつつある。
> 研究は「生態系の頂点の消滅は、自然界に人類が与えたなかで最も広範囲にわたる影響だろう」と説明している。
> その影響は陸にも海にも現れている。

18: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 01:17:36.65 ID:L+6H6ZX00.net
>>10
以前どっかで見たが、野生の王国は王が居てこそ成り立つんだってな
確かに今の日本でイノシシやシカが無秩序に増えているのを見るとそう思うわ

51: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 10:46:12.62 ID:ATEL1RfR0.net
>>10
昔は食物連鎖ピラミッドの頂点を底辺が支えているみたいな理解だったけど、
今じゃ頂点が全体のバランス調整をしているっていうのが常識になってきてるんだってな

16: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 01:06:16.10 ID:6fvwXqh90.net
日本も猛獣導入しようぜ

17: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 01:15:28.52 ID:GOaga6Z60.net
ネコ科動物ってのは人工飼育なら簡単に増やせそうな気もするけど
絶滅危惧種ってのがどこからどこまで保護すべきなのかよーわからん。

日本にもイリオモテヤマネコのような100頭前後しかいない絶滅危惧種もいるけど
島の大きさなどを考慮したら未来永劫100頭前後が無難な数なんだろうなあ。

イリオモテヤマネコWiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A4%E3%AA%E3%AA%E3%A2%E3%86%E3%A4%E3%9E%E3%8D%E3%B3

20: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 01:28:09.64 ID:idavl37k0.net
アムールヒョウも絶滅しそうだよ何とかしてやって
ヒョウの中で一晩もふもふしてて素敵なんだ

24: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 01:55:50.67 ID:bdoUR4t/0.net
日本もオオカミとか放せば

43: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 07:25:59.34 ID:/6ctshuk0.net
そいつらが野生でやってけるかね~

52: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 10:50:06.82 ID:v57z0TAK0.net
>>43
飼育下で繁殖した個体が野生復帰できるか、っていうのは今後の保護活動にとって重要なポイントだな

48: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 09:35:26.14 ID:kbyjhFc+0.net
ヒョウヒョウだよ!

53: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 10:52:01.22 ID:IoYP/sfZ0.net
トキでもそうだけど動物種の保護、頭数の回復は単体だけじゃなく自然界全体、総合的に
取り組まんと上手くいくわけない。食物連鎖ってもんを忘れてる。

56: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 11:21:35.43 ID:vRw6raNQ0.net
>>53
一般論としては正しいが、ロシアの森なら心配いらんだろ
元々毛皮目当てに狩られて減ってただけなんだし

86: 名無しさん@1周年 2016/08/11(木) 17:02:01.88 ID:T6Koc2rD0.net
10頭づつぐらい放てばいいのに3頭は少なすぎね?

94: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 02:00:43.53 ID:G4H38X080.net
アムールヒョウはダメかあ。
残念だ。

104: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 04:41:57.71 ID:m4ds53JI0.net
>>94
この実験が上手くいくようならそっちもやるんじゃね
飼育下で繁殖した個体でも野生でやっていけるって証明になるんだから

95: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 02:03:41.89 ID:kD/8n1cB0.net
日本の山には捨てられた野犬がいるから狼なんて放したら犬と繁殖してしまう
ディンゴだって犬と交配してしまい純粋なディンゴがほとんどいなくなってしまった

96: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 02:10:09.95 ID:yrf5S3nc0.net
>>95
交配上等
イヌしかいないよりハーフウルフやクオーターウルフがたくさんいる方がいいさー。

100: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 03:31:44.98 ID:H9tkeIYs0.net
>>96
犬と交配すると人間を恐れずに里に下りてくるようになるんだよ
そして家畜や庭で買われてるペットや子供や老人を襲うようになる

99: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 02:43:21.92 ID:O2lzFcR40.net
人間の飼育下にあった動物が野生でほんとうにやっていけるのか

147: 名無しさん@1周年 2016/08/13(土) 15:55:27.86 ID:94hcqqeYO.net
日本も狼放して増やそう。

151: 名無しさん@1周年 2016/08/14(日) 14:25:06.97 ID:1CipCXp10.net
狼なんかいらないよ。狼マニアってどうしてこんなにしつこくて気持ち悪いんだろうか。

152: 名無しさん@1周年 2016/08/14(日) 14:33:36.80 ID:SkoUmGLE0.net
>>151
じゃあ鹿をなんとかしてくれ

139: 名無しさん@1周年 2016/08/12(金) 21:38:49.66 ID:yLpCyZB80.net
パンサーやレオパルトもいいが…
シベリアタイガーも頼む。
あやつも美しい…

『ロシアのヒョウ復活へ、3頭を自然に放つ 冬季五輪開催地ソチで飼育下繁殖したヒョウを野生へ、世界初』へのコメント

  1. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2016/08/14(日) 22:33:00 ID:3ca117ed2

    日本も日本ザリガニを 50 匹 ~ 70 匹くらい繁殖させて自然に放ってみようよ ♪

  2. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2016/08/14(日) 22:42:44 ID:816a160d1

    シベリアトラは20年以上前から本格に保護活動しているはず

  3. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2016/08/15(月) 15:40:08 ID:5fee3151f

    ロシアだからクローンを増やすのかと思ってた。