1: のっぺらー ★ 2016/12/24(土) 13:00:19.25 ID:CAP_USER.net
来年の干支(えと)「酉(とり)」にちなみ、稲わらでできた巨大なヒヨコ2羽が23日、
兵庫県市川町上瀬加の十柱(とはしら)神社に奉納された。
地元の上瀬加老人会有志の力作で、つぶらな瞳の愛らしい表情が、通り掛かった住民らの目を楽しませている。

初詣にやってくる参拝客に楽しんでもらおうと、同老人会が毎年、鳥居前に飾っている。
今年で7年目を迎える。

ヒヨコは高さ約2・5メートル。
同会の野中峻さん(73)が写真などを参考にデザインを考案した。
かわいらしさを表現するため、ニワトリではなくあえてヒヨコを選んだ。

9月から制作に着手。
ベニヤ板と竹でヒヨコの骨組みを作った後、地元で収穫した古代米の稲わらで体を覆った。

この日の設置作業にはメンバー13人が参加。
かえったばかりのヒヨコという設定で、稲わら製の卵を配するこだわりよう。
周囲をナンテンや葉ボタンで華やかに飾り付けた。
拝殿にはしめ縄も奉納した。

野中さんは「わらが羽毛に見えるように工夫した。ヒヨコの表情を楽しんで」と話している。

写真:表情がかわいい稲わら製のヒヨコ
no title


以下ソース:神戸新聞 2016/12/24 05:30
http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/201612/0009775697.shtml

引用元: