「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由

1: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:40:08.15 ID:CAP_USER
■サメから見たら人はカメ

サメは警戒心の強い生きものです。

日常で自然界に生きるサメに近づくことは難しく、万が一遭遇しても、
こちらが何もしなければ、まず襲われることはありません。

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジョーズ』では、
ホホジロザメが観光客でごった返す海水浴場にわざわざ乗り込み人を襲ったり、
サメ退治に来た人間と激闘したり…といったシーンが描かれています。

でも、そんなふうに人間に狙いを定めてサメが襲いかかるなんてことはまずありえません。
それどころか、サメのほとんどは人間を見ると一目散に逃げてしまいます。

わたしは、サメの撮影のためによく海に潜りますが、たいていの場合はまともに写真に収めることすらできません。

ただ、フィジーでたった一度だけ、
「シャークフィーディング(サメへの餌付け行為)」の最中にレモンザメに甘噛み・・・されたときは、
さすがにドキッとしました。

でも彼らを興奮させておいて、そこにあえて近づいたのだから、非があるとすれば紛れもなくわたしのほうです。

世間でよく言われる「人食いザメ」とは、わたしたち人間がサメに対して抱いている勝手なイメージです。
彼らが好んで人を食べるなんてことはありえません。

データもそれを物語っています。

アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、
サメに襲われて死亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

ちなみに、同じ期間に落雷が原因で亡くなった人は1970人、年間平均で37・9人。
サメに襲われて死ぬ確率は、実は雷に撃たれて亡くなるよりもはるかに低いのです。

それでもサメが人に噛みつくことがあるのは事実で、サーフィン中に起こる事故がほとんどだと言われています。

なぜなら、人がサーフボードにまたがって座る、あるいはパドリングをする姿を海中から見上げると、
サメの好物であるアザラシやウミガメそっくりに見えるからです。

アザラシやウミガメを好んで食べるイタチザメに、サーファーがアタックされたというニュースが、
サーフィンのメッカ、ハワイでときおり報じられます。

以前、わたしもダイビング中にイタチザメに出会ったことがありました。
その時は「なんだろう、これは?」といったような表情で近づいてきて、ぎょろりとわたしを観察し、
その後スッといなくなりました。もしかしたら、イタチザメは好奇心旺盛な性格なのかもしれません。

また、潜水漁で、漁獲物もろとも潜水夫が噛みつかれることもあるようです。

1992年、瀬戸内海でタイラギという貝を獲る漁をしていた潜水夫が、行方不明になる事件が起きました。

消息が途絶えたところからは、腰の部分がズタズタになった潜水服やヘルメット、
母船との通信に使うケーブルの断片などが発見され、それらに残った傷跡から、
ホホジロザメに噛み付かれた可能性が高いという結論に達しました。

結局、潜水夫も犯人のサメも発見されず、腰につけた網に貝を入れていたため、
そのにおいがサメを引き寄せたと考えられています。

海の中では、激しい生存競争が繰り広げられています。捕食する側のサメは懸命に獲物を探し、
捕食される側にいる生物は、生き延びるために必死で逃げようとします。

「魚類最強のハンター」と呼ばれるホホジロザメでも、1ヵ月くらい獲物を見つけられず、
腹を減らしてさまよっていることがあると聞きます。そんなときに好物らしき姿を見かけたり、
美味しそうなにおいを嗅ぎつけたりしたら……。

人がサメに噛み付かれる事件というのは、そういういくつかの偶然が重なって起きてしまうものなのです。

続きはソースで

画像:「ニュージャージーサメ襲撃事件」で人を襲ったとされたホホジロザメ
no title

no title

現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55713

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1526895608/

4: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:50:10.88 ID:fUXMFVw7
約50年間で、 サメに襲われて死亡した人は26人

6: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:50:37.22 ID:w8sCjF4d
安心を吹聴して何の得があるんだ

8: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:53:43.80 ID:apQhzjVl
自分の経験で語られてもなぁ
まさに大海を知らず

9: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:55:37.75 ID:SwS2Od9n
データはアメリカのみで
世界の獣害の統計を出していない

サメにとっての食物に人も含まれているので無害とは言えない

映画が虚構なのは当たり前

10: 名無しさん 2018/05/21(月) 18:55:53.78 ID:dFZdf/QX
「実はそれほど危険ではないのです」と言うには根拠が希薄で無責任。
これ書いた奴がサメに喰われてオブツダンになったら、すまんけど笑うわ。
海水浴に来てた子供が喰われて死亡したケースとかどう説明つけるんよ?

93: 名無しさん 2018/05/22(火) 17:46:52.41 ID:TxzuMw9U
>>9>>10
全世界含めても年間10人前後のサメの死亡者を
多いと定義できる奴はあまりいないと思うが

no title

ttp://www.geocities.jp/scubadive21/sub/mame/shark2.htm
ちなみに世界では2001年に海水浴やサーフィン中にサメに襲われたのは79件、
死亡者は過去に年平均9人(世界でだ)ということだから、日本では当然もっと少ない!
これも新聞や文献の情報によると、日本では43年間に12件のサメによる被害が報告されている。
これは3~4年に1件程度の割合で事故が起きていることになる。

18: 名無しさん 2018/05/21(月) 19:20:12.31 ID:4r3TJGz/
もっとジョーズな言い訳をしなさい

21: 名無しさん 2018/05/21(月) 19:29:12.54 ID:14u1/hlU
>アメリカ人の死因を調べた統計調査によれば、1959年から2010年までの約50年間で、
>サメに襲われて死亡した人は26人。年間平均で0・5人ほどです。

人はほとんど海には入らんし、入ったとしてもあまりサメが近寄らない浅瀬がほとんどだからな。
それを考えると年間平均で0・5人は十分に多い数字だな。

95: 名無しさん 2018/05/22(火) 18:07:09.41 ID:TxzuMw9U
>>21
実際に海に入る人間を対象にした
サメに攻撃されるリスクのエビデンス

http://jp.wsj.com/articles/SB12074596417245674887704581175673627615928

スタンフォード大学ホプキンス海洋研究所のポスドク研究員、
フランチェスコ・フェレッティ博士のチームは
経済的な目的で収集したビーチ訪問者の記録を使い、
スイマー、サーファー、アワビ取り業者、それにスキューバダイバーが
攻撃に遭うリスクを計算した。彼らがビーチを訪れる回数を基にした。

アワビ取り業者は144万日潜ると1回、
サーファーはビーチを1700万回訪れると1回、
スキューバダイバーは1億3600万日潜ると1回、
スイマーは7億3800万回ビーチを訪れると1回攻撃に遭う計算となった。

22: 名無しさん 2018/05/21(月) 19:36:06.01 ID:gptz4YoY
殆どいない=いる、だからな。
スレタイが間違ってる。

24: 名無しさん 2018/05/21(月) 19:48:16.01 ID:TCVNztBY
クマと同じで、とりあえず出会ったら逃げたりしないほうがいいらしい
好んで襲ってくるのはいないってのは親戚の素潜りおじさんに聞いたことがある
人喰いってのは確かに語弊があるだろうけど
イルカみたいに友好的じゃないからしょうがない

100: 名無しさん 2018/05/22(火) 18:41:36.00 ID:v8Z/8awJ
>>24
ネットで無知や思い込みで過度に騒いでいる連中と違って
仕事やフィールドワークなどで実際に知っている人は冷静なんだよね
クマだってネットでは人食いみたいに言われやすいが
人身事故の記録を見ると実際はほとんど人を食っていないし
クマによる死亡事故自体がかなり少ない

26: 名無しさん 2018/05/21(月) 19:52:17.36 ID:dFZdf/QX
「ジューズ」の何作目だったか忘れたけど、主人公がサメの危険性を訴えてるのに
無視して結果的に大被害をもたらした市長のポジションだな、こいつは。
実在してる分余計にタチが悪い。

97: 名無しさん 2018/05/22(火) 18:11:46.94 ID:TxzuMw9U
>>26
ジョーズの原作者が現在はホホジロザメ保護の側
というのが何とも皮肉な話

ttp://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/4515/truth.htm#not wrong
サメに対する誤解と真実

『ジョーズ』公開ののち、サメをターゲットにしたスポーツフィッシングが流行りはじめたのです。
一時期、ホホジロザメ(『ジョーズ』に出ていたサメ』)は欧米のスポーツフィッシャーマンにとって、
名誉のトロフィーでした。一部の人びとはサメを必要以上に多く殺し、怪獣退治の英雄であるかのように、
サメの死体の前でポーズを取りました(サメの側にしてみれば、いつの間にか悪者扱いされたあげくに
殺されるという迷惑な話です)。

こうしたことが規制のないまま続いた結果、アメリカやオーストラリア沿岸にいたホホジロザメの数が、
少なくなったと指摘されるようになりました。皮肉なことに、『ジョーズ』を書いたピーター・ベンチュリーは
現在、ホホジロザメの保護を推進する立場に立っています。

33: 名無しさん 2018/05/21(月) 20:17:17.05 ID:gdNsrbb0
カバよりは少ないはず。

47: 名無しさん 2018/05/21(月) 21:26:06.38 ID:Lf522nF4
生態的に人が主食のサメが居ない事と
サメが人を襲う事がない事は別問題ですよ

62: 名無しさん 2018/05/21(月) 22:50:30.33 ID:8foqZJkY
撃沈された軍艦の乗組員が救助待ちの間に食いまくられたって話をよく聞くけどな

72: 名無しさん 2018/05/21(月) 23:39:16.66 ID:XB35tIno
シャチはちゃんと「お、人間じゃん」
と思うんだろ?

73: 名無しさん 2018/05/22(火) 00:00:38.88 ID:KKdhN9Oa
鮫にとって人間は脂身が少なくて良い餌じゃないらしいな。

76: 名無しさん 2018/05/22(火) 00:40:15.09 ID:Di36o5w3
クラゲとかスナノミのほうが危険度が高いのかもな

98: 名無しさん 2018/05/22(火) 18:21:47.86 ID:TxzuMw9U
>>76
もっとも人を殺していると思われる海洋生物は
有毒のハコクラゲ類らしい

http://karapaia.com/archives/52172169.html

ハコクラゲの大型種であるキロネックスは、
地球上最高の致死毒を持つ生物の一つと言われている。
他のハコクラゲも含め、1954年以来、記録されているだけで
5568人もの死者を出している。サメなんかの比ではない。
東南アジアでは毎年100人以上がこのクラゲの犠牲となっている。

90: 名無しさん 2018/05/22(火) 14:51:05.07 ID:NaZ5t86m
ちょっとトラブルに巻き込まれて喧嘩して捕まる奴もいる。
いろんな理由があっても、犯罪は犯罪なんだ。辛い思いしてる犯罪者もいるかもしれないけどね。

なぁ、サメくん、気持ちは判るからそろそろ正直に話してくれないか。
なんなら鰯のかば焼き丼頼んであげてもいいぞ。

92: 名無しさん 2018/05/22(火) 17:38:48.05 ID:TxzuMw9U
>>1
サメに食われるのは非常に珍しいとでも書くべきだったな
サメの死亡事故は非常に稀で、そもそも人を攻撃するサメ自体が
数百種のサメの中の数種しかいないというのは科学的な事実なんだから
存在しないと言い切るとバカにツッコミどころを与えるだけ

94: 名無しさん 2018/05/22(火) 17:58:51.57 ID:34nYYTOo
> こちらが何もしなければ、まず襲われることはありません。

ここから既に守り入ってるな「まず」ってなんだよ「絶対に」とかにしろよ

88: 名無しさん 2018/05/22(火) 13:20:22.37 ID:Ytpw4LUA
別に人が食いたくて生きてるわけじゃない
人食いザメと呼ばれるのは不当なレッテルだと思う
学校でただ1回ウンコしただけでウンコマンと呼ばれるのと変わらん

『「人食いザメ」なんてこの世に存在しない、と断言できる理由』へのコメント

  1. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 18:58:38 ID:31763f266

    人間は安全な地域でのみ遊ぶからな
    ホオジロザメが泳いでる地域で1億3600万日潜って襲われなかったら信用するよ
    東京でクマに襲われた人間は0人!よってクマは無害って言っているようなものだと思う

  2. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 19:01:44 ID:56b07bba3

    ホオジロザメ「人食いとかいう前にお前らの俺たちへの大虐殺を謝罪しろや」

  3. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 20:38:49 ID:d16b495ed

    「いない」わけじゃないじゃン
    少ないけどちゃんと存在する

  4. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 20:49:54 ID:a54435909

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/05/23(水) 21:12:02 ID:8bd41394e

    80年代に有明海で女子高生が父親の目の前で食われた事件があったな

  6. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 22:53:31 ID:43677af4c

    サメが言うほど危険じゃないのはその通りだろうけど
    サメが危険じゃないかって言うとまるでそんな事はない

  7. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/23(水) 23:59:57 ID:cb2581719

    ※6
    うーん、お前らみたいに、何にでも見境なく噛み付いて叩く連中よりは安全じゃね?
    少なくとも、ホオジロザメは嘘を吐かんだろうしなぁ。

  8. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/24(木) 00:17:56 ID:6866f5191

    ヒトを食べる食べないではなく、動物性蛋白質を摂取するか否か、というだけの話。
    ヒトも動物性蛋白質の一種。

    この記事かいた記者はホントに馬鹿。

  9. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/24(木) 00:45:48 ID:a02714e9c

    多くの学者も似たようなことはいいますが、人喰いザメはいないと「断言」はしてないですね
    少なくとも、危険な生き物だから注意するよう念押しする学者が殆ど

    ※8
    自称シャークジャーナリストで、学者でもない、ハッキリ言えば素人だからなぁ…
    私もサメが好きで情報は集めますが、この人はあんまりというか、殆ど信用してないですね

  10. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/05/24(木) 17:05:44 ID:4fba05c6c

    いや、あってるな。
    サメカスなんざシャチパイセンにしっぽドンてやるだけで死ぬ雑魚やからな
    イルカスにすら負けるカスや!

  11. 名前:どうぶつ@名無しさん 投稿日:2018/06/09(土) 13:58:56 ID:d37fb04e8

    危険じゃないことを吹聴なんてしてない「人食い」という特徴じゃないだけ
    不用意に近づいたら危険で人を殺しかねない動物なんてワンサカいるのだから
    サメも同じ、サメばっかり人食いってイメージか先行してカテゴライズするのがおかしいって話
    人食い!危険!殺せ!じゃなくて、犬で言ったら土佐犬(ホホジロ・メジロとかつええやつ)に不用意に近づいたりちょっかいかけない、くらいの認識でええんや
    サメなんて犬並みに種類がいるしホシザメとかタプタプしてかわええ